関係ない

関係ない

パソコンのディスプレイの前に座って、休むことなく上がったり下がったりしている相場を見てしまうと理由無く取引をするという思いに煽られる状況も多かったりします。

 

しかし、不確かな考えで取引するのだけは間違ってもしてはいけません事実、相場は24時間いかなる時でも外国為替相場はオープンしているし為替相場もいつでも変化しています。

 

そうであっても、何回も注文を繰り返しているとその分だけ損失が生じる可能性が高くなってしまいます。

 

無論、取引の数を積む事で、次第に勝ち負けの確率か半々になっていくのは事実です。

 

けれどもその事は「なんだか分からない直感で売り買い」することとは別の問題です。

 

売買回数を重ねるということは「ここだ!」と感じた時機を持った状況でのエントリー回数を積み重ねるという意味である。

 

特段の理由も無く、絶え間なくトレードを繰り返すのとははっきりと違う。

 

マーケットの戦いに臨むにはあなたが考えてメリハリをつけることこそが大切です。

 

「ここで勝負」とよく考えたマーケットの時にはいっそポジションを多くして儲けを求めます。

 

「少し難解なマーケットで、どう上げ下げするのか予想できないな」と思い至った時は執着しないで持っているポジションをひとつ残らず閉じて何もせず静観します。

 

そのくらいのテンポでやった方が、最終的にはトレードは成功します。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

実にその通り。

 

FXとは、常時売買ポジションを所持する事が重要ではなく売買ポジションを所有せず何もしないこともまた外国為替相場です。

 

そうであるならば、どういう時に休みどきなのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前述の通り、今の市場が具体的に難しいときです。

 

今後円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は分からないまま行動すると、自身で考えた筋書きとは逆に相場が動いてしまい、損する事になってしまいます。

http://edai701.blog.fc2.com/

だから、こんなケースではポジションを0にしてそのまま何もぜずに静観しているのがいいでしょう。

 

ふたつめは、あなた自身の体の具合がよくない時です。

 

体調とマーケットに関係ないと感じる方もいると思いますが実際には意外とつながりがあります。

 

体の状態が思わしくなければ、外国為替市場の大事な場面で、必要な決断ができなくなります。

 

気乗りがしない時は、相場から離れてみるのも必要な事です。

 



関連記事

  1. 関係ない
  2. 生まれてきた娘の髪の毛と難産での吸引分娩による出産
  3. テスト