婚姻要件具備証明書は国内法の鬩ぎあい

サンキューエリアさん > 日常 > 婚姻要件具備証明書は国内法の鬩ぎあい

婚姻要件具備証明書は国内法の鬩ぎあい

婚姻要件具備証明書が何で国によって書式が異なっても、内容が異なっても良いのかといえば、はっきり言って、それを調整する機関が存在しない、メカニズムが存在しないという一言に尽きます。各国は主権国家として国内法を制定する権利をもち、人道などに反しない限り、基本的に何を定めても良いのです。その、基本的人権に違反しない限りというのも、実は、国連人権規約などで定められているからなので、国連から脱退すれば、その制約すら外れることになるのです。

婚姻要件具備証明書は、各国の国内法のぶつかり合いの中で存在する書類と言えます。



関連記事

  1. 婚姻要件具備証明書は国内法の鬩ぎあい
  2. 特定活動というマジックボックス
  3. 仮放免許可申請が出たよ
  4. 帰化申請のマニュアル
  5. スマホがつながればマンガが楽しめる
  6. テスト